スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)

 JR福知山線脱線事故(05年)で、業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本前社長の山崎正夫被告(67)の第3回公判前整理手続きが9日、神戸地裁(岡田信裁判長)で開かれた。弁護側は起訴内容を否認する方針を表明、予見可能性の有無などについて争う姿勢を示した。

 起訴後、山崎被告側が起訴内容を否認するのは初めて。

【関連ニュース】
小沢幹事長:潔白を強調…再び不起訴
JR西日本:試運転の新型車両から部品落下
JR西日本:南谷元社長が退職へ 遺族や被害者対応は継続
JR西:新型車両を公開 尼崎脱線教訓に安全性高め
社説:パロマ中毒事故 「危険放置」でトップ断罪

はやぶさ 7年、60億キロ…世界初の旅終え帰還(毎日新聞)
夏場所でも組長が観戦 大相撲(産経新聞)
丹羽氏の大使起用を承諾=政治主導に懸念の声も―中国(時事通信)
<強盗>レストランに男 25万円奪い逃走…さいたま(毎日新聞)
「肉食系女子」は「恋人との時間が大事」(産経新聞)

ベトナム医療団 第1陣4人、ハノイ到着(産経新聞)

 【ハノイ=豊吉広英、油原聡子】「明美ちゃん基金」が適用された「ベトナム医療団」の第1陣となる日本側医療団が30日午後、ベトナム・ハノイに到着した。

 この日到着したのは国立国際医療研究センター(東京都新宿区)の木村壮介院長(66)をはじめ、同センター手術部の河内正治部長(57)、同心臓血管外科の秋田作夢医師(49)、同臨床工学室の深谷隆史技士(41)の4人。ハノイ市内の「ホテル日航ハノイ」にチェックイン後、31日から始まる医療指導にむけ会議を行った。

 メンバーは、各自が普段使っている医療用具を多数持参し、指導に備えている。ベトナム語が堪能で、指導における通訳の役割も担う秋田医師は「ベトナム人医師たちがよく理解できるよう、分かりやすく技術を伝えていきたい」と抱負を語った。

 「明美ちゃん基金」への振り込みは、みずほ銀行東京中央支店・普通口座110−567941「産経新聞社社会部明美ちゃん基金」。郵送の場合は、現金書留で〒100−8077 産経新聞東京本社社会部「明美ちゃん基金」へ。

【関連記事】
子供救え、ベトナム医療団に心臓手術指導 日本側第1陣、30日に出発
「明美ちゃん基金」日本医療団、ベトナムで手術指導へ
形をかえた恩返し「祖国の未来のために」 ベトナムの秋田医師
「手術技術向上が使命」重病担う中核病院 ベトナム
明美ちゃん基金 目指すは「命を釣り上げる“釣りざお”」
iPadが上陸

桜島噴火で繁華街に大量の灰、空薄暗く(読売新聞)
鳩山首相が辞意を正式表明「職を引かせていただく」 小沢氏も辞任(産経新聞)
首相、退陣拒否 きょう再会談(産経新聞)
菅副総理、代表選に出馬の意向…周辺に伝える(読売新聞)
「アクセス増楽しかった」無届けで出会い系サイト 容疑の男逮捕(産経新聞)

普天間問題 辺野古へ移設、閣議決定…福島消費者相を罷免(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は28日夜の臨時閣議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する政府の対処方針を閣議決定した。政府方針は普天間移設先として、キャンプ・シュワブ(同県名護市)の「辺野古崎地区及び隣接する水域」と明記。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は閣議での署名に応じず、首相は福島氏を罷免した。後任は平野博文官房長官が兼務する。社民党は連立からの離脱も辞さない構えを示しており、政権発足から8カ月、普天間問題で迷走を重ねた鳩山政権は、最大の正念場を迎えた。【西田進一郎、横田愛】

 ◇社民、連立離脱も辞さず

 「署名しません」

 28日午後6時すぎ、首相官邸。与党3党の党首級でつくる基本政策閣僚委員会の席上、福島氏は首相に対し「辺野古が明記されている案には賛成できない」と述べ、閣議での署名を拒否する方針を伝えた。

 首相は「福島さんが賛成しないのは残念だ。この会議が終わった後、2人で話をしたい」と語りかけ、委員会終了後、2人きりで会談し翻意を促した。首相は「辞任ではどうか」と自発的な辞職を求めたが、福島氏は「私は間違ったことはしていない」と拒否。さらに、鳩山首相が「これからも連立に協力を願いたい」と連立維持を求めたが「そう簡単ではないかもしれない」と述べるにとどめた。この後開かれた臨時閣議に、福島氏は姿を見せなかった。

 首相官邸側は28日、福島氏の罷免だけは回避しようと、交渉を続けた。平野長官は当初、政府対処方針の決定方法を閣僚の署名のいらない「首相発言」とする案を検討。しかし、「月末決着」の印象が薄れることを懸念する首相は、閣議決定の形式を選んだ。

 これに先立ち、日米両政府は普天間移設問題に関する外務、防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の共同声明を発表、移設先を「辺野古崎地区及び隣接する水域」と明記。沿岸部に1800メートルの滑走路を持つ代替施設を建設するほか、米軍訓練の移設先として、鹿児島県・徳之島を例示し、グアムなど国外への移転も記した。

 首相はこれまで、5月末決着の条件として、米国、与党、地元自治体の合意が必要との認識を繰り返してきた。しかし、党首の首を切った今回の決着は県内移設に反対する沖縄県に加え、与党合意もない不完全なものとなった。

 鳩山首相も福島氏も降りない「チキンレース」の結果、社民党内には「連立離脱もやむなし」の空気が色濃く漂う。阿部知子政審会長は28日の両院議員懇談会後、記者団に「(連立を)維持できない場合も十分ある」と発言。同党は「連立のあり方について重大な決定をせざるを得ない」とする「抗議声明」を発表した。30日に常任幹事会と全国幹事長会議を開き、連立離脱について対応を協議する。

 一方、民主党にも「社民党切り」とも言える首相の対応に不満が募っている。閣議での署名拒否は党の機関決定であり、社民党は「福島を切ることは社民党を切ることだ」(党幹部)と反発しており、次期参院選への選挙協力にも影響するのは必至。民主党幹部は「政権はまったく機能していない。週明けから、政局がどうなるかだ」ともらした。

【関連ニュース】
普天間問題:鳩山首相、福島消費者相を罷免
普天間移設:鳩山首相、福島消費者相を罷免へ
普天間移設:8月末までに代替施設の工法など決定
普天間移設:共同声明に野党一斉反発 二枚舌、偽装と批判
普天間移設:「辺野古崎」明記 日米が共同声明発表

組幹部観戦席手配の親方2人、相撲協会が処分へ(読売新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
羽賀研二被告が供述拒否…控訴審公判(読売新聞)
職業は「キャプテン」「傷害の意図なかった」 SS元船長初公判 (産経新聞)
<カブトガニ>繁殖地受難 条例で潮干狩り禁止も違反者後絶たず 岡山・笠岡 (毎日新聞)

アスリート支援企業に初の表彰制度=目指せメダリスト増―文科省(時事通信)

 文部科学省は17日、五輪選手などのトップアスリート育成で成果を上げた企業に対する表彰制度を創設する方針を決めた。同省はこれまでも、国際大会で優秀な成績を収めた選手や指導者は表彰してきたが、所属母体の企業を評価する制度は初めて。
 スポーツ振興を通じた社会貢献に対する経営者の理解を深め、企業に所属する選手の練習環境などを向上させる。結果として、五輪をはじめとする国際大会でのメダル獲得数増加を目指す。2012年のロンドン五輪に向けた企業の取り組みを促すため、できるだけ早期に創設する方針だ。
 最近は、景気低迷のあおりや、株主優先の企業風土が広がったことで、直接の収益につながりにくい企業スポーツを縮小する傾向が強まっているが、行政としてスポーツを通じた企業の社会貢献を高く評価する姿勢を示す。 

【関連ニュース】
女子柔道の谷亮子氏を擁立=歌手・庄野真代氏も
火山噴火で「奔走」=6日がかりの英国入りも

鎌倉市に1億賠償命令 平塚競輪撤退「予告義務あった」(産経新聞)
大学就職率、過去2番目の低さ 高校生も2年連続低下(産経新聞)
<中国>温家宝首相、30日に来日 31日首脳会談(毎日新聞)
「報道のTBS」看板を見直し 連結決算で初の赤字(J-CASTニュース)
雑記帳 通天閣ロボ、上海万博に「出張」させて…大阪(毎日新聞)

JA課長補佐が2900万円着服=掛け金ごまかし「馬券に使った」−広島(時事通信)

 広島県廿日市市の佐伯中央農協(JA佐伯中央)は7日、本店融資課の男性課長補佐(44)が、組合員らの定期積み金の掛け金など約2900万円を着服していたと発表した。近く補佐を懲戒解雇とし、業務上横領容疑で告訴や告発を検討する。補佐は着服を認め、「馬券の購入などに使った」と話しているという。
 同JAによると、補佐は毎月一定額を積み立てる定期積み金の開始時に、「利率が良くなる」とだまして満期までの掛け金全額を一括で受け取り、一部を着服していた。 

【関連ニュース】
市職員、PCを無断購入・転売=「100台分横領、競馬などに」
元町長不起訴は不当=旧美里町・裏金問題
元投資顧問の大島被告に実刑=神奈川歯科大の詐欺事件
捕鯨船員は「不起訴相当」=鯨肉持ち帰り、検察審が議決
横領など不祥事23億5800万円=08、09年度で95件

紅葉の名所は新緑の名所 東福寺(産経新聞)
<子ども手当>在日外国人への支給、見直し必要…枝野担当相(毎日新聞)
<ドリームジャンボ>発売 名古屋駅前には100人が列(毎日新聞)
ぶら下がり取材の時間で鳩山首相が反論(産経新聞)
<事務・権限仕分け>21、24両日に開催 地方委譲へ(毎日新聞)

PMDA省内仕分け、好意的意見が続出(医療介護CBニュース)

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)を対象にした厚生労働省の第4回省内事業仕分けが4月22日、同省内で開かれ、仕分け人から「わが国の数少ない知的財産の確保ができる分野なので、戦略的な立場をぜひ強めていただきたい」など好意的な意見が相次いだ。仕分け後、PMDAの近藤達也理事長は記者団に対し、「攻撃的な組織として世界に向かってしっかりとやっていきたい」などと述べ、27日に開かれる行政刷新会議の事業仕分けに向け、自信を深めた様子だった。

 この日、同省事業仕分け室が用意した主要論点は、▽審査関係、安全対策業務の人員増強がドラッグ・ラグやデバイス・ラグの短縮に結び付いているか▽ドラッグ・ラグ、デバイス・ラグの解消に向けて、人員、予算の増加だけでなく、創意工夫は行われているか▽厚労省からの現役出向職員が約2割を占めていることについて、どのように評価するか―の3点。

 このうち、具体的なドラッグ・ラグの解消策について近藤理事長は、医薬品の総審査期間は製薬企業と審査側の時間が半分ずつとした上で、製薬企業側の時間がかかり過ぎていると指摘。その上で、優れた審査員が治験の一連の流れなどについて事前に企業側と調整することが解決につながるとした。

 また、厚労省との人事交流について仕分け人の赤沼康弘氏(日弁連高齢者・障害者の権利に関する委員会委員)からの「出向は今後も同様の割合で推移するか」との問いに対し、PMDAの川尻良夫理事は、PMDAが設立された2004年ごろからの採用者が育てば、「それに伴って出向職員数は減っていく」と述べた。ただ、PMDA職員の4割以上が30歳以下、7割が40歳以下と指摘した上で、「過渡期の解消には10年以上はかかるのではないか」との認識を示した。川尻理事は「民間からの中途採用が増やせるようなら、スピードアップできるのではないか」などと述べたが、赤沼氏は「もっと若手を登用して、機構内で職員を養成していくことが必要ではないか。あまりにも長い期間を考え過ぎている」と批判した。

 仕分け後、近藤理事長は記者団に対し、「優しいけれど厳しい意見をたくさん頂き、改めて組織として一生懸命やっていかなくてはいけないと痛感した」と述べる一方、厚労省と行政刷新会議の2度の仕分け作業の対象となったことについては、「前向きに動いているので、むしろアピールするチャンスかなという気がしている」と強気の姿勢を見せた。


【関連記事】
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け
仕分け前半の対象、福祉医療機構やPMDAなど47法人
労働者健康福祉機構の伊藤理事長は「今年中に交代に」−長妻厚労相
「独法管理部門のチェック機能は甘い」―省内仕分けで長妻厚労相
厚労相「無駄ない、との信頼を」―省内事業仕分けスタート

マンション代金、全額返還命じる=耐震偽装で販売会社に−札幌地裁(時事通信)
09年度新幹線旅客8%減=新型インフル、高速割引が影響(時事通信)
東国原知事が口蹄疫対策を農水相に要望(産経新聞)
DPC影響評価の調査「様式1」見直し、意見まとまらず(医療介護CBニュース)
「普天間」最終案、米国の同意優先…地元反発(読売新聞)

立山黒部アルペンルート全面開通(産経新聞)

 富山県立山町と長野県大町市をトンネルやロープウエーで結ぶ「立山黒部アルペンルート」が17日、全面開通した。

 前日からの寒気の影響で雪が断続的に降る中、標高2390メートル付近の「雪の大谷」では約15メートルを超える雪の壁の間を散策するトレッキング客の姿も多く見られた。

 室堂ターミナル周辺では、開通を待ちわびた大勢のスキーヤーやスノーボーダーでにぎわった。

【関連記事】
今年もお目見え「雪の壁」 立山黒部アルペンルート、いよいよシーズン幕開け
春への道着々 立山黒部アルペンルートで開通準備
元バス運転手を書類送検 4月のアルペンルート横転
立山黒部アルペンルートで感謝月間 お得な切符発売
アルペンルート「七曲がり」でバス横転 乗客ら軽傷

首相「一つの民意」=徳之島の反対集会−普天間移設(時事通信)
独法通則法改正案が衆院通過(時事通信)
「決着」、米と地元の合意必要=普天間移設で鳩山首相強調(時事通信)
鳩山総理の「内閣崩壊」 官房副長官電話に「わからない」(J-CASTニュース)
400系つばさ、ラストラン=初代山形新幹線、ファンら別れ惜しむ(時事通信)

首相動静(4月20日)(時事通信)

 午前5時50分から同6時41分まで松野頼久官房副長官。同7時3分、松井孝治官房副長官が入った。
 午前7時42分、松井氏が出た。
 午前7時51分、公邸発。「きょう、普天間問題に関する関係閣僚会議を開催するという報道があるが」に「何もまだ決めていません」。同53分、国会着。同54分、院内大臣室へ。同8時2分、中期的な財政運営に関する閣僚委員会開始。
 午前8時34分、同委員会終了。同37分、閣議開始。
 午前8時53分、閣議終了。同55分、院内大臣室を出て、同56分、国会発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午前9時18分、岡田克也外相、藪中三十二外務事務次官が入った。
 午前9時53分、岡田、藪中両氏が出た。
 午前10時10分、執務室を出て南会議室へ。同11分から同35分まで、オマーンのマッキ国家経済相らが表敬。同36分、同室を出て官邸玄関でマッキ氏を見送り。同38分、執務室へ。
 午前11時、執務室を出て特別応接室へ。同1分から同27分まで、日本国際賞受賞者の岩崎俊一東北大名誉教授らが表敬。同28分、同室を出て執務室へ。
 午後0時8分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時35分、同室を出て執務室へ。
 午後0時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同52分、国会着。同54分、衆院本会議場へ。同1時2分、衆院本会議開会。
 午後3時55分、衆院本会議散会。同56分、衆院本会議場を出て、同57分、国会発。同59分、官邸着。同4時、執務室へ。
 午後4時35分から同57分まで、枝野幸男行政刷新担当相、加藤秀樹行政刷新会議事務局長。同59分、執務室を出て大会議室へ。同5時、行政刷新会議開始。
 午後5時48分、同会議終了。同49分、同室を出て執務室へ。
 午後5時50分から同6時24分まで、イシャエフ・ロシア極東連邦管区大統領全権代表。谷崎泰明外務省欧州局長同席。
 午後6時34分、執務室を出て小ホールへ。同35分から同41分まで、報道各社のインタビュー。「普天間問題に関する関係閣僚会議はいつまでに開くか」に「まだ開く段階ではないが開く環境になれば開きます」。同42分、小ホールを出て執務室へ。
 午後6時55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同7時6分、東京・赤坂の日本料理店「祢保希」着。民主党の輿石東参院議員会長、簗瀬進参院予算委員長、大畠章宏衆院国家基本政策委員長と食事。
 午後9時8分、同所発。同14分、公邸着。
 21日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

<水俣病>未認定患者救済閣議決定 環境相は全員救済に自信(毎日新聞)
妻「悲しみ、言葉にできない」=15年来の同僚、カメラ手に涙−ジャーナリスト銃撃(時事通信)
3000万円相当?金7キロなど医師宅で盗難(読売新聞)
消費税、凍結見直し必要=増税争点に衆院解散も−仙谷国家戦略相(時事通信)
<村本博之さん>18日に葬儀 東京・南青山(毎日新聞)

民主、首長選で苦戦…衆院選後29勝37敗(読売新聞)

 地方自治体の首長選で、民主党推薦候補の苦戦が続いている。

 政権交代前の約半年では自民党推薦候補との直接対決に勝ち越していたが、ここ半年は負け越している。政権交代への期待感がしぼみ、内閣支持率の低迷などが地方選の結果に出た格好で、民主党にとって、夏の参院選に暗雲が立ちこめている状況だ。

 「民主党の支持率がもっと高ければ、違った結果になったかもしれない」

 自民、公明両党推薦の現職が、民主、社民両党が推薦する新人に2万票差で勝利した11日投開票の鳥取市長選。民主党鳥取県連代表の川上義博参院議員は12日、支持率の低迷が同市長選に影響したことを率直に認めた。

 民主党は赤松農相や小沢幹事長側近の高嶋良充筆頭副幹事長が現地に駆けつけてテコ入れを図った。一方の自民党は小泉進次郎衆院議員らを送り込んだ。与野党対決ムードが盛り上がっていただけに、地方選とはいえ民主党には手痛い敗北だ。

 昨年9月以降に行われた179の首長選(知事選、政令市長選、特別区長選、一般市長選)のうち、民主党が推薦を出した66選挙の戦績は、29勝37敗。無投票や自民党との相乗り推薦だった選挙を除くと16勝35敗で、鳥取市長選のように自民党の推薦候補との対決構図となった選挙に限ると3勝9敗とさらに分が悪い。

 民主党は、衆院選前の昨年1〜8月には185選挙中42に推薦を出して31勝11敗、自民党との対決構図でも6勝3敗と勝ち越していた。

 こうした地方選の結果について、民主党の石井一・選挙対策委員長は「(党が)当初の勢いを失っているのは事実。(地方選に)影響していることは否定できない」と認める。

 ただ、民主党が負け越している一因には与党に転じて以降、新人を中心に推薦候補を大幅に増やしたという事情もある。衆院選前は新人と現職がほぼ半数ずつで、自民党との相乗りも20選挙と5割近くを占めた。衆院選後は7割以上の48人が新人で、相乗りも約2割の14選挙に減った。

 一方の自民党は、衆院選前には57選挙に推薦を出していたが、野党に転落後は、推薦を出した首長選は34選挙と民主党66選挙の約半分。野党転落後、地方に「自民党の名前では戦えない」という空気が広がっていることがうかがえる。戦績は26勝8敗と勝ち越しているが、推薦候補は34人中26人が現職であるほか、勝利した選挙は、昨年の衆院選の小選挙区でも自民党候補が競り勝つなど、もともと地盤が強い自治体が多い。

 自民党幹部は地方選の結果を「地方で盛り返し始めている証拠だ」と歓迎するが、党勢が回復しているとまで言えるかどうかは微妙な状況だ。

<大学入試センター>民営化検討の考え示す…枝野担当相(毎日新聞)
両陛下、須崎入り(時事通信)
国内1位東大は変わらず=研究機関ランキング−米企業(時事通信)
福岡のふ頭近くの海に人の胴体、殺害女性か(読売新聞)
<学校耐震化>予備費で推進する考え示す…鳩山首相(毎日新聞)

<鉄工所事故>機械にはさまれ21歳作業員死亡 大阪(毎日新聞)

 6日午後3時30分ごろ、大阪市西淀川区佃6の機械設備メーカー「米盛鉄工所」で、従業員の同区中島1、田畑宗久さん(21)が機械にはさまれ、病院に搬送されたが、腹部などを圧迫されて7日未明に死亡した。

 大阪府警西淀川署によると、田畑さんは鋼板をロールで送り出す機械を試運転中、この機械が急に停止。そのため、ロールが送り出されず、ロールを巻き取る機械に送り出す機械がひっぱられ、田畑さんはこの2つの機械の間に挟まれたらしい。同署が事故原因を調べている。【牧野宏美】

【関連ニュース】
米国:炭鉱で爆発 25人死亡
火災:深夜、住宅密集地から出火、5棟焼く 名古屋・南区
火災:塗装工場全焼、出火時は無人 埼玉・戸田
羽田新駅火災:照明器具がショートし出火か
火災:建設中の新駅焼く 羽田空港

ライター部品か、金属片二つ発見…4児焼死(読売新聞)
闇サイトを狙い撃ち 警視庁「ネットハンター」発足(産経新聞)
拉致担当相が黄氏と面会、北の情勢聞き取りか(読売新聞)
【シャトル】ISSにドッキング成功(産経新聞)
2人区制覇へ支持拡大を=民主・小沢氏(時事通信)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
無料ホームページ
ブラック キャッシング OK
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
情報商材レビュー
selected entries
archives
recent comment
  • <福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)
    ばいきんまん (06/16)
  • <福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/12)
  • <福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)
    玉木よしひさ (01/01)
  • <福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)
    リョータ (12/27)
  • <福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • <福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)
    パイン (12/13)
  • <福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)
    ヘッド (12/09)
  • <福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/26)
  • <福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)
    れもんサワー (11/23)
  • <福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)
    ゆきぴこ (11/14)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM